品質保証を通して社会に安全と安心を提供する

COMPANY 会社情報カテゴリーイメージ

沿革

1955年03月 資本金100万円で特殊塗料株式会社を設立。 蛍光塗料、金属探傷剤の製造販売を開始。
1964年12月 需要の増加、生産量の増大に伴い、神奈川県横須賀市に久里浜工場を建設。
1982年10月 印字・マーキング装置の製造販売会社を設立。
1987年10月 上記子会社を合併し社名をマークテック株式会社に変更。 資本金を140百万円に増資。
1991年04月 株式を店頭公開。 資本金を1,503百万円に増資。
1995年11月 中国・江蘇省呉江市に探傷剤の製造・販売を事業目的とする合弁会社蘇州マークテックを設立。
1997年05月 韓国・ソウル市に印字・マーキング装置の製造・販売を事業目的とする合弁会社信勝マークテックを設立。
1999年05月 千葉県香取郡大栄町工業団地に成田工場を建設。 研究開発、化成品製造、機械製作部門を同工場に集約。
2004年10月 国内営業拠点として東日本サービスセンター(東京都大田区)、西日本サービスセンター(大阪府吹田市)を開設。
2005年10月 タイ・バンコク都に探傷剤、探傷装置、マーキング装置等の販売を事業目的とする合弁会社マークテック コーポレーション(タイランド)を設立。
2006年11月 中国・上海市に探傷剤、探傷装置、マーキング装置、化粧品の製造・販売を事業目的とする独資会社マークテック上海化学を設立。
2009年12月 中国合弁事業 蘇州マークテックの合弁契約を解消。中国における非破壊検査事業およびマーキング事業は、独資会社のマークテック上海化学を通じて継続。
2010年1月 中国・上海市に探傷剤、探傷装置、マーキング装置等の製造・販売を事業目的とする独資会社マークテックチャイナを設立。
2010年8月 株式会社ジャスダック証券取引所への上場を廃止。
2010年9月 親会社であるCCH5株式会社と合併。存続会社のCCH5株式会社はマークテック株式会社に商号を変更。資本金:2,078百万円。
2011年1月 タイ・バンコク都に探傷剤、探傷装置、マーキング装置等の製造・販売を事業目的とする独資会社マークテックアジアを設立。
2012年3月 タイ・チャチェンサオ県ゲートウェイシティ工業団地にマークテックアジアの新工場を建設し、現地生産を開始。
2012年8月 中国・上海市奉賢区にマークテックチャイナの新工場を建設し、現地生産を開始。
2015年10月 海外拠点としてインドネシア・ジャカルタ州にジャカルタ駐在員事務所を設立。
2016年2月 アルコニックス株式会社との資本業務提携により完全子会社化。