品質保証を通して社会に安全と安心を提供する

CAREERS 採用情報カテゴリーイメージ

海外グループ会社等紹介

マークテック上海探傷設備有限公司

若手が中国で大活躍しています

マークテックの中国現地法人マークテック上海探傷設備有限公司(MTC)の総経理(社長)佐野です。
MTCは2006年に設立され、当初はほとんど日本からの輸入製品を販売していましたが、より良いサービスを中国全土に亘るお客様に提供するため、2012年に中国上海にて新工場を建設し、様々な品質の良い製品を安く、早く提供することにより、顧客満足度を高めています。
競争の激しい中国で、MTCは成長を続けており、中国市場No.1を目指して頑張っています。その原動力は、若手社員の大活躍によります。20代30代の若いメンバーが大多数を占める活気のある会社です。
マークテックは世界一を目指しています。その中で特に中国ではあらゆるチャンスと可能性が潜んでいるため、とてもやりがいがあります。グループの成長を牽引するエンジンとなるように、私達と一緒に頑張ってみませんか!

株式会社マークテックコリア

為せば成る

マークテックの韓国現地法人株式会社マークテックコリア(MTK)の社長呉です。
MTKは韓国のシェアを獲得するため、1997年に設立しました。韓国にある自動車や鉄鋼会社向けの印字・マーキングと非破壊検査装置を製作・販売しています。2008年から印字・マーキング部門では韓国国内トップシェアの会社になり、大手会社への直販ができる体制になりました。多くの自動車メーカーと鉄鋼メーカーから信頼性を認めていただき、実績を蓄積しています。
MTKは若いメンバーが多く、非常に活気が溢れている会社で毎年10~20%成長しています。MTKの今後の目標は非破壊検査部門での韓国トップシェアの獲得を目指し、その次はMTグループのトップ、また世界のトップを目指しています。

マークテックアジア株式会社

世界一の品質とサービスを東南アジア全域に!!

マークテックのタイ現地法人マークテックアジア株式会社(MTA)の社長市川です。
MTAはタイ国内だけでなく、ASEANをはじめとし東南アジア全域のシェアを獲得するため、2011年に会社を設立しました。翌年2012年4月に製造工場をゲートウェイ工業団地内に建設し、日本の製品と同じ品質とサービスを東南アジア全域へ供給しています。
20代30代の若いメンバーが主力となって働いているため非常に活気があります。海外では特にスピード感が大切で常に即断・即決・即実行が求められますが、すぐに結果が現れます。自分の力を最大限発揮できる非常にやりがいのある職場です。
MTAの今後の目標は、「東南アジア全域でNo.1になる!!」です。マークテックはグループで世界一の企業を目指しています。現在、世界中の企業が東南アジアへ進出しており、多くのビジネスチャンスが広がっています。私達と一緒に海外で自分の力を発揮してみませんか?

インドネシア・ジャカルタ駐在員事務所

マークテックグループの更なる成長をインドネシアから!!

マークテックのインドネシア・ジャカルタ駐在員事務所(MTI)の所長河村です。
MTIはインドネシア国総人口およそ2億5千万人という大きな潜在的市場を取り込むべく、2015年10月に駐在員事務所として設立しました。現在のメンバーは私の他、インドネシア人が3名(営業2名、事務1名)の合計4名構成となります。インドネシアという国は”多様性の中の統一”を国是として設立された国で、多種多様な文化、言語、宗教が混在し、それぞれがお互いを尊重し合いながら共存しております。
私自身インドネシアに赴任する前は、TVや書籍レベルでの情報のみで、実態については知りえませんでしたが、実際に現地で体感する事でその素晴らしさを認識する事ができました。MTIは、多様性に富んだメンバー構成となっており、お互いが助け合い、MTIチーム一丸となり、マークテックグループの成長に向け日々奮闘しています。
現在はMTJ管轄の駐在員事務所となりますが、人口世界第4位、東南アジアでは断トツNo.1のインドネシアにて早期現地法人化を図ることがMTIの今後の目標です。東南アジアの一国であるインドネシアからマークテックグループ全体の成長に大きく貢献します。